1. TOP
  2. 広告宣伝で見込み客を集める!マーケティングの基本

広告宣伝で見込み客を集める!マーケティングの基本

 2018/08/28 マーケティング
この記事は約 6 分で読めます。


おはようございます!

 

皆さんの中で何かしらのビジネスに関わっている方はいらっしゃいますでしょうか?おそらくいらっしゃることでしょう!

ビジネスをするうえで必ず商品を売るわけですが、商品の存在をターゲットや見込み客に伝えるためだったりより周知させるために広告を出しますよね!

 

そんな広告も、なんとなく出すのでは効果は得られません。

見込み客を集めて、商品に興味を持ってもらい購入していただけるようなものにすることが必須でしょう。

 

そこで!

本日は「見込み客を集める広告宣伝」について紹介していきます。

 

今回ブログで紹介することを動画でも紹介しています!

お急ぎの方や気になる方はチェックしてください♪

 

商売の基本は「見込み客集め」

 

 

そもそも見込み客を集めることが、将来的にあなたにどんな利益をもたらすのか?

 

あなたの商品を買ってくれる顧客とは、見込み客の中から生まれてきます。

 

つまり、見込み客が多くなればなるほどあなたの顧客になってくれる人数も増えていき、結果としてリピーターとなった顧客がさらにクチコミであなたの評判を広めて、あなたのもとに新規客を連れてきてくれるのです。

 

まさに商売の基本は「見込み客集め」から始まるといっても過言ではありません。

 

その見込み客を集める手段の一つが「広告」というわけです。

 

必要となるそれぞれのスキル

 

 

あなたは売上を伸ばすために、「○○集客法」といった集客のハウツー本などを読んだことはありませんか?

 

あれって実は、「見込み客を集める」ための広告宣伝スキルについてを教えているんです。

 

主に売上を上げるには

  • より多くの見込み客を集める
  • 買ってもらうために説得スキルを上げる

の二つの選択肢があります。

 

そしてこの二つの選択肢には、それぞれ全く別のスキルが必要となってきます。

 

何故ならより多くの見込み客を集めるには「広告宣伝」つまり宣伝スキルが必要であり、より多くの人に買ってもらうには「説得術」つまり説得スキルが必要になるからです。

 

すなわちマーケティングとセールスであって、まったく別のノウハウやスキルなんです。

 

実際に想像して頂ければわかると思います。

 

たとえば地元にある家電販売店がキャンペーンをしたとして、まず「最近洗濯機の調子が悪いから替えようかな……」「そろそろ冷蔵庫の耐用年数が近いかも、、、」と考えているような見込み客を集めるとします。

 

このとき最初に必要になってくるのはマーケティングであり、見込み客を集めるための宣伝スキルです。

 

今回の場合だと、折り込みチラシやDMといったところでしょう。

 

では実際にキャンペーン期間中に来店してくれた見込み客の中から、「この新型洗濯機が欲しい」「野菜が長持ちする冷蔵庫っていいな」とお買い上げしてもらうにはどうしたらいいか?

 

この時に必要なのが説得術です。

すなわちセールストークのスキルです。

 

もちろんセールストークがヘタだったら、せっかく集まった見込み客を取り逃がすことになってしまうのでかなりもったいないのは確かです。

 

でもそもそも見込み客自体が集まらなかったら?

 

さっきの例に戻ると、せっかく周辺住民のポストに折り込みチラシやダイレクトメールを投函したのにいざキャンペーンを始めてみるとほとんど客足が伸びず、来店客数もいつもと変わらない、、、

 

そんな結果になってしまってはせっかくキャンペーンを開催しても意味がないですよね。

 

広告を打ったのに、まったく集客に結び付かない、、、

これではどれだけセールストークの腕を磨いても骨折り損のくたびれ儲けです。

 

その場面に合った広告を出すことで、見込み客に対して適切なアプローチができる可能性が上がります。

逆に言えば場面にそぐわない広告を出してしまえば、見込み客が集まらないというわけです。

 

 

見込み客を集めるには、、、

 

 

自慢の説得術やセールストークを活かすには、まず見込み客があなたの目の前にいなければいけません。

 

では見込み客を集めるにはどうしたらいいか?

 

ここで必要になってくるのが、冒頭でもお伝えした「見込み客を集める広告宣伝」です。

 

まず見込み客を集めるところから、商売は始まります。

 

そして見込み客を集めるには、第一に宣伝スキルが重要なのです。

 

効果のある広告を打つことで、出来る限り労力と資金をかけずに、自動で集客できる仕組みを作ることができます。

 

多くの見込み客を集めることができればより多くの顧客を獲得でき、さらにはリピーターを確保したうえでクチコミで新たな顧客まで開拓できる。つまり見込み客とは将来の顧客であり、さらには集客経路・集客資産でもあるのです。

 

だからこそ、より集客効果の高い広告を打つ宣伝スキルがあれば、見込み客から始まる自動集客の仕組みを作ることにも繋がります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

どんなビジネスも見込み客を集めるところから始まるわけです。

その第一歩のために広告宣伝が必要なのですね!

 

場面に合った広告を用いて、広告宣伝で見込み客を集め、セールストークで購買してもらう。この2つのスキルを上手く活用して顧客を増やしていきましょう!

 

 

さて、「具体的にどうやって見込み客を集めたらいいの…?」と悩んでいるそこのあなた!こちらのオンライン講座がおすすめです!

大量の見込客を集める条件のオンラインコース

どうやっていけばいいか、どんな媒体が良いかなどを学べます!

気になる方は是非ご覧ください!

 

 

今回はここまで!次回のブログをお楽しみに!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

裏マーケティング公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

裏マーケティング公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • リストマーケティングで成功するコツ!見込み客リストを集めて売上を上げる方法

  • 起業で成功するためのマーケティングとは?ポイントと成功事例を解説

  • ストーリーマーケティングとは?成功のポイントと事例を紹介

  • 効果が出るDMの作り方とは?反応率をアップさせる秘密

関連記事

  • 差別化戦略の成功事例と5つのポイントとは?

  • Facebook広告の費用や効果はどれくらい?3つのメリットとは?

  • 口コミで紹介したくなるセミナーの特徴とは

  • キャッチコピーの作り方とウリを伝える4つのコツ

  • 「欲しい」を引き出す!マーケティングの本質

  • カメラの前で4時間話したのに全部取り直しになった話