1. TOP
  2. 「欲しい」を引き出す!マーケティングの本質

「欲しい」を引き出す!マーケティングの本質

 2018/09/18 マーケティング
この記事は約 6 分で読めます。


おはようございます、ニュースパイラルの佐々木です。

 

ビジネスをしていると、マーケティングは必須ですよね。どう商品を作りどう売るのかどう流通させて…考えることはたくさんあるかと思いますが、どれもこれも大切なことです。

それらを考えるのは、簡単なことではないですよね。難しい部分が必ずあるでしょう。

そういう時に専門家に相談できたら…と思いますよね。

 

そんな時に相談できるマーケティングのプロがマーケッターです。

 

世界的に有名なマーケッターですと、ドラッカーでしょうか?聞いたことがありますよね。

こちらのブログでドラッカーの名言からビジネスについてお話ししていますね。

「成果を上げるには1つに集中すること」ドラッカーの名言

 

マーケッターって聞いたことあるけど、どんなものだろう?と思っている方や、マーケッターになりたいけど、何をするんだろう?と思っている方もいるかも知れません。

 

さて!
今回お届けするのは「マーケッターの本質」についてです。

マーケッターとは何か?何をするのか?を知っていきましょう。

 

 

マーケッターの仕事とは

オフィス, ビジネス, 同僚, 会議, コンピューター, ノート パソコン, 書類, 紙, 鉛筆, ノート

皆さんはマーケッターの仕事についてご存知でしょうか?

 

マーケッターというポジションは、現在のビジネスでとても重要な位置にあります。

 

その仕事はまず市場調査から始まり、企画の立ち上げ、商品開発、さらに売る前準備としてプロモーションや広告にも携わり、そして販売後の結果を見て、商品のコピーなどを修正・編集するなど商品を販売してからもマーケッターの仕事は続きます。

 

マーケッターの仕事が見込み客を集客できるか、商品やサービスが売れるかどうか、リピーターを掴めるかどうか、、、

といった顧客を獲得できるか、利益に繋げられるかを左右しているのです。

 

こうした一連の過程に携わるマーケッターの役割は、「どうやって売上を上げるのか」を考えることにある。多くの方が、そう思っていらっしゃると思います。

 

実際にマーケッターの役割とは、売上を上げることです。

ですが、いざマーケッターになる、またマーケティングの仕事に就くとマーケティングに関する様々な理論や知識を学ぶことになり、かえってそれらの知識に振り回されてしまうことも多くあります。

 

確実に顧客を集め、売上を上げるために必要となるマーケティングにおいて、今回は常に忘れてはならない本質をお教えしたいと思います。

 

 

マーケッターが意識すべきこと

思考, 男, 思う, 考慮します, じっくり考える, 思想家, 人間

実は「売上を上げる」ために意識しなければならないことは、とてもシンプルです。

 

それはお客様の立場に立つこと。

 

すなわち「どうしたら欲しいと思ってもらえるか?」を考えることなのです。

 

そもそも商品が売れるときは、お客様が「欲しい」と思ったときですよね?商品が売れるようにする、と書くと抽象的な気がしてしまいますが「欲しいと思ってもらうには」と考えると、とてもわかり易くなると思います。

 

どんなマーケティング理論を実践すべきか、プロモーションはどうすべきか‥‥‥「マーケティング」と聞くと、専門的な知識がなくてはならないように感じてしまいますよね。

でも最も大切なことは、お客様の立場になって考えること。「どうやったら欲しいと思ってもらえるか」にあるのです。ここを突き詰める事ができれば、マーケティングの本質をおざなりにして知識やノウハウに振り回されることがなくなります。

 

 

「売れる」商品とは?

ギフト, プレゼント, ブライダル シャワー, 結婚式のシャワー, 祝賀, 誕生日, お祝いの, パステル

より商品を売るには、よりサービスを多くの人に提供するには、、、そればかりを考えてしまって、「売れる」ことの本質を忘れてしまってはいませんか?

 

あなた自身が「こんな物があったらいいのに」「あのサービスだったら受けたいな」と思うことが出来る商品こそが、「売れる」商品なのです。

 

あなたが欲しいと思わないものを売ったところで、お客様が買ってくれるワケがないですよね。

 

たとえば私の地元に、おいしいフレンチトーストを出す喫茶店があるんですよね。

プレーンや黒蜜きなこなどアレンジもいろいろなのですが、注文すると30分ほどかけて焼き上げてくれるんですよ。フランスパンを贅沢に使った熱々の分厚い生地に、たっぷりとクリームが乗せてあるんですが、、、これが美味しいんですよね。

ちょっとお値段高めなんですが、でも「このボリュームと味なら」とついつい行きたくなる。

「食べたい」と思うからこそ、何度も足を運んでしまうんです。

 

「焼き立てでおいしいフレンチトーストが食べたい」お客さんなら、絶対に行きたくなると思います。

 

「食べたい」「行きたい」「参加したい」そして「欲しい」と自然と行動を促すことができる商品でなければ、商品は売れません。

欲しいと思ってもらえなければ、買ってはもらえないのです。

 

この本質を忘れず、「どうしたら欲しいと思ってもらえるのか?」を突き詰めていく。これが商売の基本であり、マーケティングの本質です。

 

 

まとめ

商品を「欲しい」と思ってもらえば、さらに商品のリピート、リピーターの口コミを経由した集客経路の確立まで可能です。

 

「売りたい」ではなく「買いたい」と思うようなものを考えること。単純なことですが、忘れがちです。マーケティングの本質であるお客様が欲しいと思うものを突き詰めていくことを覚えておきましょう。

 

マーケッターの本質がわかったところで、売上を作れるマーケッターの考え方を知っていきましょう!

 

今回のブログはここまでです。楽しんでいただけましたか?

またお会いしましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

裏マーケティング公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

裏マーケティング公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • リストマーケティングで成功するコツ!見込み客リストを集めて売上を上げる方法

  • 起業で成功するためのマーケティングとは?ポイントと成功事例を解説

  • ストーリーマーケティングとは?成功のポイントと事例を紹介

  • 効果が出るDMの作り方とは?反応率をアップさせる秘密

関連記事

  • リストマーケティングで成功するコツ!見込み客リストを集めて売上を上げる方法

  • ビジネスにおける情報発信は「悩み」の解決策

  • 電子書籍で集客するメリットとデメリット

  • 値下げはNG!商品の価格設定は価値にあり

  • マーケティングのDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)はもう古い!?

  • コピーライティングの書き方とコツは?3つの心理から学ぶ。