1. TOP
  2. Instagramで集客したいならフォロワーを増やせ!

Instagramで集客したいならフォロワーを増やせ!

 2020/04/23 マーケティング
この記事は約 14 分で読めます。


今の時代は様々なSNSを使用して生活していますね。

Facebook、LINE、Twitter、YouTube、Instagramなどなど…

上記以外もたくさんありますが、やはりユーザーが多いのはこの5個でしょう。

何せ5大SNSなんて呼ばれたりしますからね。

どれもアクティブユーザーが国内だけで数千万人いて、全世界になると億を超えます。

 

このどのSNSでもビジネスができてしまう時代なのです。

利用者が多いのですから、使用されるのは当然ですよね。それをわかっているのでどのSNSもビジネス向きの機能を展開しているわけです。

FacebookやLINEについては当ブログで何度か紹介させて頂いていますね。

では今回は何を紹介するのか?

 

タイトル見ちゃってるでしょうし、わかっていますよね。

そう、Instagramです。

 

今回はInstagramで集客をするために必要なフォロワーを増やす方法をお伝えします。

 

 

Instagramとは

そもそもInstagramとは何かですが、Facebook社が運営している写真投稿型の無料SNSです。

写真投稿型からわかる通りに必ず何かしらの画像や動画を載せます。

 

Facebook社が運営しているため、Facebookとの連携を取りやすいのが特徴でしょう。

ただ、Facebookと違い実名登録をする必要がなく、匿名でアカウントを作ることが可能です。

そのため若い子たちから気軽に使えるという意見が出ています。

 

写真などのメディアを載せる必要があるという事もあり、きれいな写真を撮ることはある程度有名になるには必須になってきています。

技術的に優れたものももちろん良いですが、どちらかといえばわかりやすくてオシャレだったりインパクトのあるものが多い印象ですね。人気なものも、そういった思わず真似をしたくなるものが多いです。

例外として、著名人はラフなものでも人気があります。

 

機能面でいうと、特徴的なものがストーリーでしょう。

初心者的使い方が分からない機能No.1と言われることもしばしば…

24時間限定で公開される短い動画のようなもので、それ以上載せておきたい場合はプロフィールのハイライトに保存するという手もあります。

動画を載せる場合もあれば静止画を載せる場合もありますし、テキストだけの場合もあります。投稿をストーリーに載せることも可能でインフルエンサーの方はよく利用しています。

24時間限定という事もあり、より気軽に載せられるものという認識の方が多いです。ユーザーの中には投稿はしないけどストーリーは載せるという方もいます。

 

他SNSとの違い

やはり大きな違いはビジュアルメディアの重要度が高いことです。

 

Instagramの検索機能ではおすすめの表示がありますが、そこには投稿されたビジュアルコンテンツしか表示されません。気になったものをタップすると投稿に飛び、そこでやっとテキストを見ることができます。

 

Twitterなど他のSNSではテキストを含めてみることはもちろん、むしろそのテキストにも重要な価値があります。

ですがInstagramではあからさまに写真などの画像や動画を重要視します。

 

もちろんテキストが不要だというわけではありません。むしろテキストで書くハッシュタグは検索で見つけるために大きな役割を担っています。

ですが、どうしてもビジュアルという点が大きいのです。

 

ハッシュタグをたくさんつけても、興味をそそられる写真でなければ見てもらえないのと同義になります。

 

より多くの人に見てもらうにはビジュアルメディアを上手く活用しなければなりません。

 

3つのメリット

ではInstagramをビジネスとして使う場合のメリットは何でしょうか。

3つのメリットを紹介いたします。

 

1.集客

まず一つは集客ができる点です。

他のメディアなどで集客しているときと別のターゲット層を狙うことができるのです。

 

Instagramのユーザーで特にアクティブなのが20~30代の流行に敏感な層です。その層へ訴えかけることができると、まずその層、次にそれなりに流行を追っている層、とどんどんターゲットを拡大できます。拡大ができれば集客できる母数が変わるのです。

今までサイト等でPRをしていたお店がInstagramを始めてから人気になる例は多くありました。恐らくですが、使用してるユーザー層の違いと発信の仕方でしょう。

 

それだけ敏感な層が多いからこそ発信の仕方も重要になりますが、上手くできればターゲットを拡大して集客ができるようになります。

 

2.ブランディング

発信の仕方という話をしましたが、ここでブランディングができるという話です。

例えばファッションならモデルなどの著名人や人気インスタグラマーがコーデをアップすれば、そのアイテムは即完売という事がありました。

今まであったイメージを払拭できてしまうのです!

 

わかりやすい例を挙げるとUNIQLOでしょう。

元々は「おしゃれに興味のない人が着る」イメージがありましたが、現在では「プチプラ服」と言われオシャレ好きの方が気軽に楽しめる服として愛用しています。

 

今まで何となく遠ざけられていた層を呼び込むことができ、それまで嫌煙されたイメージを払拭して新たなイメージをユーザーに与えられます。今まで避けられていた層を集客できるのはメリットです。

 

3.ショッピング

その名の通りです。

投稿する画像にショッピングページのリンクやPR用のサイトなどのリンクを張ることができ、気になったものをその場で買うことができます。

気になっても調べるのが面倒という方は多くいます。なのでリンクを置いておくとそういったユーザーを離さずに済むわけですね。

販売をするアカウントの場合は大体この機能を使っており、通販サイトの商品ページへ飛ぶようになっています。ある意味ここで集客ができているといってもいいかもしれません。

 

この機能を使う為にはビジネスアカウントにして申請しなければならないので気をつけましょう。

ビジネスとして使いたい場合は基本的にビジネスアカウントにしておくことをおすすめします。

 

注意すべき3つのポイント

Instagramで発信をしていくときに、気を付けなければならない3つのポイントがあります。

これができていないと、フォロワーを増やすことはできないでしょう。

 

1.視点

まず一つ、自分は芸能人のように有名ではないという視点を持つことです。

 

Instagramで自分の日常をあげている人って多いですよね。

この使い方はプライベートアカウントなどと呼ばれ、ビジネスではなく完全に趣味として使用している場合の使い方になります。

 

ビジネスとして使う場合などフォロワーを増やしたいのならばそこには内容のある投稿をしなければなりません。

 

なぜか?それは自分自身に興味のある人間がいないからです。

多くのユーザーは投稿者ではなく投稿内容を見ています。

芸能人であれば、その人そのものに需要があるため日常的なものも需要があります。ですが、一般人の日常になど興味はありません。

一般人で需要の高い投稿をするにはそれ相応の内容が必要です。たまに日常が混ざるくらいであれば丁度いいですが、それ以上にある場合はフォロワーは離れていきますのでご注意ください。

 

ただし、例外があります。

一般人でありながらモデルのような人気を得る人がいます。

大きな影響力を持つわけでなくとも、その人物に興味が持たれることがあるのですが極めて珍しい例です。

 

2.テーマ

投稿するものに統一性のあるテーマを据えましょう。

これが揺らぐとまたプライベートアカウントのようになってしまいます。要するに需要がなくなります。

 

テーマを決める流れとしては

メインテーマを設定

サブテーマを設定

それを明確化する

軸を融合させる(メインとサブをバラバラに投稿しても意味が無い)

世界観が決まる

 

といった感じです。

 

おおもとの軸をメインテーマで決め、それに付随するワードを2~3個くらい持つようにしましょう。

大体軸が3つあると投稿が楽になります。

ただし、1投稿に全ての軸を入れられるようにしていないと、ユーザーからはブレているととられるので気をつけましょう。

 

テーマを絞るコツ

  • 見る人が必要とするか
  • 人の役に立つ発信になっているか
  • 毎日見ることで何かを与えることができるか

を考えることです。自分視点だけでテーマを決めるのは絶対にダメです!

 

3.投稿する内容

さて視点、テーマときて最後は内容です。

ビジネスとして使うとなると、どうしてもセールス系の投稿が増えてしまいます。ブランドのファンであればいいですが、そうじゃない人は離れてしまうのです。

 

この動画でもセールストークばかりはダメだと説いています。

 

ではどうしたらいいか?

 

適度にセールスや宣伝以外の投稿もしてみましょう。ただ、何でもいい訳ではなく、例えば近くに季節もののキャンペーンをやるなら季節に合った投稿を。何か製品を使ったものなど、軸から外れずに販売以外のことを発信します。

 

例えばカップヌードルのアカウントでは、カップヌードルのカップを使った工作をアップしています。インパクトがありますよね。

 

こういった興味を持たせるような工夫が時々あるとフォローをしてもらえるようになります。

 

フォロワーを増やすために

ここからはフォロワーを増やすために具体的にしておくべき方法を紹介します。

基本的に気を付けておくべき点となりますのでぜひ覚えておきましょう。

 

アカウント設定

まず、ビジネスアカウントにしましょう。

なぜビジネスアカウントがいいかというと、投稿などにどの期間にどのくらいの人が反応したかなどの数値がわかるようになることです。

ビジネスをする上で、数値が分かるというのは非常に助かります。集客につなげるにも反応がわからなければ、軌道修正することもできないのです。

100フォロワーから分析が可能になります。

 

また、フルネームは使用しない方が良いでしょう。

何度も言っていますが、ユーザーは個人に興味がないことがほとんどです。名前を覚えるの苦手な方いらっしゃいませんか?

名前では印象に残りません。何かブランドの名前だった里にしていた方が覚えられます。

プロフィール欄は細かく書くことで「この人は○○の人だ」と覚えてもらえるようになります。テーマとした軸を明確にアピールすることを心掛けましょう。

 

投稿時間・頻度

投稿のゴールデンタイムは2つ。

  • 19時~20時
  • 11時~12時

です。

丁度会社や学校が終わり、ひと段落着いたくらいの時間ですね。

大体新しい投稿がないかな?とみる時間だといえます。

この時間を狙うことで新鮮な情報をフォロワー含めたユーザーに届けることができます。

 

また、頻度ですが基本的に1日1投稿が望ましいです。

間隔があきすぎても忘れられてしまいますし、1日に何度もアップしてもうっとおしがられてしまいます。

1日1投稿であれば、毎日ほどよく新しい情報を渡すことができるのです。

ただここで注意してほしいのが、内容の無いものはしない方がいいということです。できるだけ内容があり、かつ濃いものが望ましいです。

「とりあえず出す」だとユーザーに伝わりますし軸がぶれます。

1度出してしまえばそれは何度もやってしまいますので、結果自分のスキを押し付けるだけのプライベートアカウントと変わらなくなってしまうので気をつけましょう。

 

ハッシュタグ

Instagramは1投稿につきハッシュタグを上限30個までつけることができます。

フルで使いましょう。

ユーザーの6割はハッシュタグで情報収集をしています。それだけ需要のあるコンテンツなので必ず使うべきです。

 

どんなワードがいいかというと、大体検索したときに5万件前後の検索結果が出るものが望ましいといわれています。

あまりにもビッグワードだと他の投稿に埋もれてしまう事があるので気をつけましょう。

どんなのを付けたらわからない場合は、自分の軸と似ていて人気のある投稿のハッシュタグを真似てみてください。

 

テーマのところでお話しした軸を3つ作るようにといいましたが、その軸ごとに約10個ハッシュタグをつければOK。

 

ハッシュタグの選び方は

  • 撮影場所や店舗と関連のあるワード(#浅草カフェ #竹下通り)
  • コミュニティ性のあるワード(#パン好きな人と繋がりたい)

などが有効的です。

 

いいね!返し

大体500フォロワーまでは必ず行いましょう。

アクションのあるアカウントは忘れられずに見てもらえます。

 

特に新規フォロワーにはいいね!返しをするように心がけます。

1アカウントに対して3いいね!が鉄則です。もちろん上から適当にではなく、いいと思ったものにするようにしましょう。きちんと見ているんだなと認識されます。

 

いいね!を返したくてもあまりに多いと流れてしまう事がありますよね。

特にいいね!返しをすべき人の特徴を挙げておきます。

  • 自身との類似アカウント
  • 気になる、興味を引くアカウント
  • インフルエンサーではなく情報の受け手になっているアカウント

この3つを意識して逃さないようにしてみてください。

もちろん理想はフォローやいいね!をしてくれた全員に返すことです。

 

フォローバック(フォローされた人をフォローする)については行わなくて大丈夫です。

 

コメント返信

来たコメントにはなるべく返すように意識したほうが良いです。

親近感を与え、冷たさを取り除くことができます。

 

コメントを返さない方が多いですが、返されないと「この人は冷たい。仕事のためにやってる」という印象を与えます。するとセールスでやってるアカウントだからと見なくなってしまうんですね。

公式アカウントから返信が来るとユーザーは嬉しくなり度々コメントを残すようになる、というのを見たことはありませんか?

ビジネスとして運営していると、どこか遠さを感じられてしまう事が多いです。ここでリアクションを返すことで思ったより遠くないと思わせることができるのです。

 

必ず全員に返さなければならない訳ではないですが、10~30件程度は返すように意識しましょう。

 

写真

小難しいカメラ技術はそこまで必要ではありません。

そういうものは「#カメラ好き」「#ファインダー越しの世界」などのタグがつけられています。

 

カメラ技術はいらないですが、オシャレさは大切です。

オシャレ、面白いなどぱっと見のインパクトがないとタグをつけても見てもらえません。これだけビジュアルメディアが重要視されているコンテンツなので当たり前です。

 

どんな写真がいいかわからないのであれば

  1. 水平・垂直に撮る
  2. 要らないものは写さない
  3. おしゃれな写真を真似する

この3点を意識してみてください。

 

とにかく最初は人気のあるものや、おしゃれだと思ったものを真似してみてどんなものがいいか研究するのが一番でしょう。

 

ストーリー

24時間限定公開投稿で、ホームの上部にある丸いアイコンがそれです。

タップすると短い動画のようなものが見れますよね。

(左上にある丸です。右側にはフォローしている人ストーリーが並びます。)

オフショットや裏話、ブログの誘導、投稿の共有など様々な利用用途があります。

 

見る側が気軽に見られるうえに、出す側も24時間だけだからとハードルが低いです。新投稿をしたお知らせをする形で使う方も多いので実践してみましょう!

 

動画、画像、テキスト、リンクなどほとんど何でも載せられるので1回やってみるくらいの気持ちでいいかと思います。

 

 

フォロワー目線に立ち、求められるものを提供すること。自分自身を適切に明確にアピールすること。興味を引くようなコンテンツにすることを意識しましょう。

 

まとめ

 

さて「Instagramで集客したいならフォロワーを増やせ!」というテーマでお話しさせて頂きました。

 

フォロワーが増えるという事は反応のあるユーザーがそこにいるという事です。

 

Instagramで集客をしたいならば、反応をくれるフォロワーがいなければならないのです。

 

反応は努力なしでは得られません。

ユーザーが反応してしまうようなアカウント作りと投稿を意識しましょう!

 

それでは次回のブログをお楽しみに!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

裏マーケティング公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

裏マーケティング公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • リストマーケティングで成功するコツ!見込み客リストを集めて売上を上げる方法

  • 起業で成功するためのマーケティングとは?ポイントと成功事例を解説

  • ストーリーマーケティングとは?成功のポイントと事例を紹介

  • 効果が出るDMの作り方とは?反応率をアップさせる秘密

関連記事

  • リストマーケティングで成功するコツ!見込み客リストを集めて売上を上げる方法

  • 売上の悩みを解消!利益率を上げるビジネスモデルの作り方

  • 年収1000万円!個人サロン経営で成功する5つのポイントとは?

  • ビジネスに物語を活かす!神話の法則とは

  • 仕事を効率化し目標達成するスケジュール管理

  • 趣味を仕事にするメリットとデメリットは?