1. TOP
  2. ターゲットを絞ったUSPでマーケティングを有利に進める

ターゲットを絞ったUSPでマーケティングを有利に進める

 2018/09/16 マーケティング
この記事は約 5 分で読めます。


おはようございます!ニュースパイラルの佐々木です!


本日お届けするテーマは「USPの作り方」に関してです。

 

USPとは日本語で「独自の売り」を意味する言葉なのですが、「独自の売り」を作るのは難易度が高いことでもあります。

というのも、あらゆるビジネスにおいて「あなたしかやっていないこと」は存在しないからです。同業他社や類似品がまったく存在しない事業はありません。

 

だからこそ、競合相手の中からあなたが「選ばれる」理由が必要になってきます。

 

 

「USP」が必要な理由

当然ですが、どんなに自身が「良いものを作っている」と思っていても、質の高いサービスや商品があったとしても、選んでもらうことが出来なければ、顧客は獲得できませんし、もちろん売上には繋がりません。あくまでもそれは自己満足なのです。

 

お客様に選ばれるためには、お客様が自分たちのことを知っている必要があります。自分たちの情報をしっかりと伝えていないのに、どうやってお客様に知ってもらえるでしょう?難しいですよね。

 

お客様に選ばれるには何が必要なのでしょうか。情報を伝えるにしてもなんでもいいわけではありません。お客様に選ばれるだけの理由が必要になってきます。

 

そこで選ばれる理由を作るために必要なのが「USP」です。

 

では実際にUSPを作るには何を意識すれば良いのか?

今回はUSPを考える上で重要なポイントをいくつかご紹介します。

 

USPで意識すべき3つのポイント

こちらのブログでも詳しく紹介していますが、

顧客獲得率を上げるUSP3つのポイント

 

まず最も意識すべき点は、

  • ターゲット
  • ベネフィット
  • 特徴

の3点です。

 

ターゲットが設定されていなければ、そもそも見込み客にアプローチすることが出来ませんよね。

 

またベネフィット、つまり商品やサービスを購入することで得られる結果を提示出来なければ「欲しい」とは思ってもらえません。

 

さらに他の商品とは違う特徴を説明することで、「この商品でなくてはならない」理由を与えることが可能になります。

 

たとえば美容院などでも、「10分でカットしてくれる」、「料金1000円」、というようなチェーン店がありますよね?

 

忙しくて時間がない、または美容院にそこまでお金と時間を掛ける気がない、というお客様に対して、他の店より格段に早く「10分で」あるいは「1000円で」カットしてくれるという特徴とそれによってカット代も浮き、美容院に行く時間を減らせるよ、というベネフィットを提供しています。

 

いかがでしょうか?日本国内に美容院や理容室、理髪店は数多くあります。それこそ無数にあると言っても過言ではないでしょう。

 

ですが、ターゲットを絞り、ベネフィットと特徴を伝えることで「独自の売り」を確実に作ることが出来るのです。

 

こちらの動画でもその3点について詳しく解説しています。

 

USPを作るポイントは?

さらにUSPを作るポイントをご紹介するならば、

  • 的確なアドバイスや補助

が挙げられます。

 

つまり商品の購入者や見込み客に対してサービスを充実させ、手厚いフォローをすることが重要なのです。

 

ただセールストークを聞かせる、商品を売りつける、売りっぱなしにするのではなく、ほかの同業者以上に親身になり、相手にとって的確な助言やフォロー、アフターサービスをする。

相手にとって「この店員なら信頼できる」「この人から買いたい」と思ってもらえる、信頼を獲得することができれば、それはあなた自身の「売り」になります。

 

たとえば私の母は視力が悪く眼鏡を掛けているのですが、いつも同じ眼鏡屋さんで買い替えます。

というのも、そのお店は眼鏡を作る際にフィッテイングだけでなく視力測定、さらに乱視など目の異常も検査してくれ、焦点の位置まで測定した上で眼鏡を作ってくれるのです。

しかも店頭に行けば眼鏡のメンテナンスを無料でしてくれ、いつもレンズがピカピカ、さらに緑青の出たブリッジも新品に、、、(眼鏡をかけたことがある人はわかると思います‥‥‥緑色になるんですよね)

こんな充実したサービスにアフターケアもついているので、母はいつも通っています。

もちろん、もっと安いチェーン店は多くありますが、「値段が張ってもここで買いたい」という選ぶ理由が出来ているんですよね。

私も今後眼鏡を作るならここにしようかな、と思ってしまいます。

 

このように「選ばれる理由」、つまりUSPを作るだけで新規客の獲得だけでなく、商品のリピート、リピーターの口コミを経由した集客経路の確立まで出来てしまいます。

 

別角度からUSPを作るうえで意識すべきポイントを解説した動画がこちらです。より知りたい方はご覧ください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

競合であふれかえる現代だからこそ、ターゲットを絞り自分の強み、それによって得られるベネフィットを伝えていくことが大切です。

 

ターゲットのないふわふわしたものには、目の肥えたお客様は目もくれないのです。「私だから」と言えるようなポイントを持っておきましょう。

そのポイントがあればファンを作ることも可能になるでしょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

裏マーケティング公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

裏マーケティング公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newspiral

この人が書いた記事  記事一覧

  • リストマーケティングで成功するコツ!見込み客リストを集めて売上を上げる方法

  • 起業で成功するためのマーケティングとは?ポイントと成功事例を解説

  • ストーリーマーケティングとは?成功のポイントと事例を紹介

  • 効果が出るDMの作り方とは?反応率をアップさせる秘密

関連記事

  • インスタグラムのフォロワーを増やす方法

  • 趣味を仕事にするメリットとデメリットは?

  • ビジネスに物語を活かす!神話の法則とは

  • リストマーケティングで成功するコツ!見込み客リストを集めて売上を上げる方法

  • 年収1000万円!個人サロン経営で成功する5つのポイントとは?

  • コンサルタントってどんな仕事?モデルや種類を紹介